よくあるご質問

Q.鼻からの内視鏡検査はないのですか?

A.経鼻内視鏡(鼻からのカメラ)は、嘔吐反射が少なくてすむというメリットがありますが、当院では以下の理由から現時点では導入を見送っています。

 (1) 経鼻内視鏡は、現時点では経口内視鏡に比べると画質の面でやや劣る。
 (2) 当院では「鎮静剤」を用いて検査を行うため、経口内視鏡であっても、苦痛なく検査できる。

 以上の理由で、当院では高画質で精度の高い検査ができるメリットを重視し、鼻からの内視鏡検査は行っておりません。
 今後、経鼻内視鏡の画質が現在よりもさらに向上した際には、改めて導入を検討する予定です。


 

Q.大腸内視鏡検査はとてもつらいと聞いていますが、楽に受けることはできますか?

A.当院の大腸内視鏡検査の特徴(長所)は以下のような点です。

 (1) 数多くの検査経験を積んだ医師が検査を行うことで、挿入時の苦痛を最小限にできる
 (2) 市販されている中で最も細い径の内視鏡を使用することで、痛みが出にくい
 (3) 観察する際、大腸内に空気の代わりに二酸化炭素を使用することで、お腹の張りが少ない
 (4) 鎮静剤を注射してから検査を行うことで、ウトウトしている間に検査が終わる

このように、出来るだけ苦痛がない検査ができるような条件を整えていますのでご安心ください。


 

Q.検査にかかる費用はどのくらいですか?

A.処置内容(生検検査の有無、ポリープ切除の有無、その個数)によって異なります。
  金額の目安は以下の通りです。

食道・胃内視鏡検査 1割負担 3割負担
 生検・組織検査なし(観察のみ)
1,700円 前後 5,000円 前後
 生検・組織検査あり 3,000円 〜 4,000円 9,000円 〜 12,000円

 

大腸内視鏡検査 1割負担 3割負担
 生検なし(観察のみ) 2,300円 前後 7,000円 前後
 生検あり・ポリープ切除なし
4,000円 〜 6,000円 12,000円 〜 18,000円
 ポリープ切除手術あり 9,000円 〜 10,000円 27,000円 〜30,000円