胃内視鏡検査

内視鏡検査とは

食道、胃、十二指腸の病気の発見と診断のために行ないます。

食道がん、胃がんをはじめとしたがんの診断だけでなく、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、慢性胃炎、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無など、様々な病気の診断を行います。

上部消化管造影検査(胃のバリウム検査)と最も異なる点は、色合いの異常のみでしか指摘できない病気が見つかる可能性があること、異常が指摘された場所の細胞を直接鉗子という器具で採取して顕微鏡検査で診断を確定出来ることです。

こんな症状のある方
  • みぞおちのあたりの痛みのある方
  • 食欲不振、体重減少のある方
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の既往がある方
  • 胸焼け、もたれ感のある方
  • 胃バリウム透視検査やペプシノーゲン法で異常を指摘された方
  • 便の色が黒っぽい方
経鼻内視鏡検査は行っておりません

経鼻内視鏡(鼻からのカメラ)は、嘔吐反射が少なくてすむというメリットがありますが、当院では以下の理由から現時点では導入を見送っています。

  • 経鼻内視鏡は、現時点では経口内視鏡に比べると画質の面でやや劣る。
  • 当院では「鎮静剤」を用いて検査を行うため、経口内視鏡であっても、苦痛なく検査できる。

以上の理由で、当院では高画質で精度の高い検査ができるメリットを重視し、鼻からの内視鏡検査は行っておりません。
今後、経鼻内視鏡の画質が現在よりもさらに向上した際には、改めて導入を検討する予定です。

内視鏡検査の流れ

  1. 予約

    まずはお電話で検査日時を予約してください。

    診察・検査の予約06-6202-6566

    診察・検査の予約06-6202-6566

    【受付時間】診察予約 09:00-17:30 / 検査予約 13:00-17:00

    お電話で現在の症状や検査目的などをお聞きします。
    相談したい症状やこれまでの病歴などがある方は、内視鏡検査の前に一度診察のために来院されることをおすすめします。

  2. 事前診察

    現在の症状やこれまでの病歴などお話をお伺いします。

    患者様のご都合を聞きながら検査の日時を決定し、検査の予約をお取りします。

    内視鏡検査に必要な血液検査を行い、内視鏡検査についての詳しい説明をします。

    診察時にお持ちいただくもの

    • 保険証
    • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容が分かるもの
    • 「検診や人間ドックでひっかかった」という方はその検査結果一式
  3. 検査前日

    事前診察の際にお渡しした説明用紙をよく読んで、夕食の時間などに留意ください。

  4. 検査当日(検査前)

    指定した時間にご来院いただきます。 お電話で内視鏡検査予約をされた方は、検査前に医師の診察を受けていただきます。

    胃内視鏡検査のみの場合、検査着に着替えていただく必要はありません。腹部を締め付けない服装で来院ください。

    検査室にご案内し、検査の準備をします(診察の状況次第で予定時間通りに検査が開始できないこともありますことをご了承ください)。

  5. 検査当日(検査)

    血圧や脈拍などを確認した後、鎮静剤を注射して半分眠ったような状態で検査を行います(ご希望や全身状態によっては鎮静剤を使わないこともあります)。
    内視鏡検査では、食道、胃、十二指腸を詳細に観察します(検査の所要時間は、10分前後です)。
    病変があった場合、組織の一部を採取(生検検査)することもあります。

    • 検査中の安全確保のために、点滴をさせていただいた状態で検査を行います。
  6. 検査当日(検査終了後)

    検査終了後は、鎮静剤の効果がなくなるまで、ベッドでお休みいただきます。
    個人差がありますが、1時間程度はお休みいただきます。

  7. 検査結果の説明

    検査の結果を、モニターを見ながら医師よりご説明します。

    • 生検検査やピロリ菌の検査を行った場合、組織の検査結果は後日説明します。

検査費用

【ご注意ください】クレジットカードは使用できません。現金でのお支払いをお願いします。

1割負担 3割負担
生検・組織検査
なし
(観察のみ)
1,700
前後
5,000
前後
生検・組織検査
あり
3,000

4,000
9,000

12,000