食道・胃内視鏡検査

食道・胃内視鏡検査とは

方針イメージ

 食道、胃、十二指腸の病気の発見と診断のために行ないます。

 食道がん、胃がんをはじめとしたがんの診断だけでなく、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、慢性胃炎、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無など、様々な病気の診断を行います。

 上部消化管造影検査(胃のバリウム検査)と最も異なる点は、色合いの異常のみでしか指摘できない病気が見つかる可能性があること、異常が指摘された場所の細胞を直接鉗子という器具で採取して顕微鏡検査で診断を確定出来ることです。

 当院では、高解像度の内視鏡を採用していますので、経鼻内視鏡(鼻からの内視鏡検査)は実施しておりません(詳しい理由については「よくあるご質問」を参照ください)。

こんな症状のある方は食道・胃内視鏡検査を受けましょう

 ・みぞおちのあたりの痛みのある方
 ・胸焼け、もたれ感のある方
 ・食欲不振、体重減少のある方
 ・胃バリウム透視検査やペプシノーゲン法で異常を指摘された方
 ・胃潰瘍、十二指腸潰瘍の既往がある方
 ・便の色が黒っぽい方
 

内視鏡検査の流れについて

  • ① 事前診察

    まずは診察にお越しください。
    初診の方も、基本的には来院前にお電話での診察予約をお願いします。
     ↓
    現在の症状やこれまでの病歴などお話をお伺いします。
    (人間ドックや健診でひっかかった方は、その健診結果一式をお持ちください)
     ↓
    患者様のご都合を聞きながら検査の日時を決定し、検査の予約をお取りします。
     ↓
    内視鏡検査に必要な血液検査を行い、内視鏡検査についての詳しい説明をします。

    ※診察時にお持ちいただくもの
     ・保険証
     ・服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容が分かるもの
     ・「検診や人間ドックでひっかかった」という方はその検査結果一式

  • ② 検査前日

     事前診察の際にお渡しした説明用紙をよく読んで、夕食の時間などに留意ください。
     
  • ③ 検査当日(検査前)

     指定した時間にご来院いただきます。
     食道・胃内視鏡のみの場合、お着替えはありません。腹部をしめつけない服装で来院ください。

     検査室にご案内し、検査の準備をします。
    (診療の状況次第で、予約時間通りに検査が開始できないこともあります。ご了承ください)

  • ④ 検査当日(検査)

     血圧や脈拍などを確認した後、鎮静剤を注射して半分眠ったような状態で検査を行います。
     (ご希望や全身状態によっては鎮静剤を使わないこともあります)
     ※検査中の安全確保のために、点滴をさせていただいた状態で検査を行います。

     内視鏡検査では、食道、胃、十二指腸を詳細に観察します。
     (検査の所要時間は、10分前後です)
     病変があった場合、組織の一部を採取(生検検査)することもあります。
     
  • ⑤ 検査当日(検査終了後)

     検査終了後は、鎮静剤の効果がなくなるまで、ベッドでお休みいただきます。
     個人差がありますが、1時間程度はお休みいただきます。
     

  • ⑥ 検査結果の説明

     検査の結果を、モニターを見ながら医師よりご説明します。
     (※生検検査やピロリ菌の検査を行った場合、組織の検査結果は後日説明します)