大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは

方針イメージ

 肛門から大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を挿入し、空気(二酸化炭素)で大腸のヒダを伸ばしながら、見落としがないように丁寧に大腸粘膜を観察する検査です。
 大腸の精密検査には、大腸内視鏡検査と注腸レントゲン検査がありますが、両者の違いは、①組織検査ができるかどうか、②治療ができるかどうか、の2点です。
 大腸がんは腫瘍性ポリープから発生することが分かっていますので、ポリープを早期発見し、切除することが大腸がんを予防する有効な方法であるとされていますので、当院では発見したらその場で切除できるようにしています。
 

こんな症状のある方は大腸内視鏡検査を受けましょう

 ・血便
 ・急に便秘がちになった
 ・下痢を繰り返す
 ・便が細くなった等の便性状の変化
 ・排便回数の変化
 ・腹痛、膨満感
 ・がん検診で異常を指摘された(便潜血陽性)
 ・大腸ポリープをとったことがある
 ・ご家族に大腸ポリープや大腸がんのいる方

内視鏡検査の流れについて

  • ① 事前診察

    まずは診察にお越しください。
    初診の方も、基本的には来院前にお電話での診察予約をお願いします。
     ↓
    現在の症状やこれまでの病歴などお話をお伺いします。
    (人間ドックや健診でひっかかった方は、その健診結果一式をお持ちください)
     ↓
    患者様のご都合を聞きながら検査の日時を決定し、検査の予約をお取りします。
     ↓
    内視鏡検査に必要な血液検査を行い、内視鏡検査についての詳しい説明をします。

    ※診察時にお持ちいただくもの
     ・保険証
     ・服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容が分かるもの
     ・「検診や人間ドックでひっかかった」という方はその検査結果一式

  • ② 検査前日

     事前診察の際にお渡しした説明用紙をよく読んで、夕食の時間などに留意ください。
     説明文書に沿って、決まった時間に下剤を内服してください。
     
  • ③ 検査当日(検査前)

    A. クリニックで腸管洗浄剤を服用される場合
     検査予約時間の4時間前に来院していただきます。
     専用のお部屋(前処置室)で腸管洗浄剤(腸の中身を洗い流すお薬)を飲んでいただきます。
     個人差はありますが3時間くらいかけて腸の洗浄をします。
     前処置室には雑誌等がありますが、ご自分の本、雑誌、PC等をお持込いただくこともできます。
     前処置室では同日に検査をする数名の方と一緒にお過ごしいただきます。
     男性、女性は別の部屋になるようにしてあります。

    B. ご自宅で腸管洗浄剤を服用される場合
     お住まいが近くの方、検査経験のある方は、ご自宅で服用していただくことも可能です。
     (初めて大腸内視鏡検査を受けられる方はクリニックでの服用をおすすめしています)
     検査予約時にご相談ください。
     検査予約時間の30分前に来院していただきます。
     来院時点で便が透明になっていない場合は、追加で洗浄剤を服用していただく場合があります。
     
       ↓ 便が透明になり、大腸の準備ができたら ↓

     検査の前に、専用の検査着に着替えていただき、点滴ルートを確保します。
     検査室にご案内し、検査の準備をします。
    (診療の状況次第で、予約時間通りに検査が開始できないこともあります。ご了承ください)

  • ④ 検査当日(検査)

     血圧や脈拍などを確認した後、鎮静剤を注射して半分眠ったような状態で検査を行います。
     (ご希望や全身状態によっては鎮静剤を使わないこともあります)

     大腸内視鏡検査では、全大腸を詳細に観察します。
     (検査の所要時間は、挿入に要する時間や処置の有無で異なりますが、15分前後です)
     ポリープが見つかった場合はその場で切除することもできます。
     (ポリープがあった場合の処置については、検査予約時の診察の際に説明します)
     
  • ⑤ 検査当日(検査終了後)

     検査終了後は、鎮静剤の効果がなくなるまで、ベッドでお休みいただきます。
     処置の有無、鎮静剤の効果によって異なりますが、1〜2時間程度お休みいただきます。
     

  • ⑥ 検査結果の説明

     検査の結果を、モニターを見ながら医師よりご説明します。
     (※生検検査やポリープ摘除を行った場合、組織の検査結果は後日説明します)